« ホームページの更新 | メイン | 無料の部屋 »

あそこが観光名所?

いろんな観光名所があっていいわけだけど、まさかあそこが?てなところがありました。

富士山麓に広がる青木ケ原樹海の観光ツアーの人気が高まっているんだそうです。
自殺の名所ですが、、、汗

溶岩の上に茂る原生林の美しさに関心が集まっているためなんですって。
小説や映画で自殺の舞台に使われるなど、
負のイメージを挙げる人も少なくないが。

富士山が育んだ深い森は、住民の手によって「観光の名所」へと生まれ変わりつつあるそうで。


青木が原樹海って、山梨県の富士河口湖町と鳴沢村にまたがる約3000ヘクタールの原生林。
大部分は平安時代の貞観噴火(864年)で流れ出た溶岩が冷え固まってしまい、
その上に木々が生えて形成されたんです。

展望台から眺めると緑色の海のように見えることから名付けられたんですよ。
一部は国の天然記念物に指定されています。

いい意味で観光名所になっていくのなら大歓迎です!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.exteworldcup.com/mt3/mt-tb.cgi/53

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年05月01日 17:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホームページの更新」です。

次の投稿は「無料の部屋」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38